豊胸手術の種類について

ヒアルロン酸注入法はプチ整形の感覚で手術ができる

豊胸手術には多種多様な方法がありますが、中でも各地の美容外科のクリニックで普及しているヒアルロン酸注入法は、患部の切開の必要が無く、ダウンタイムが短いといったメリットがあります。そのため、プチ整形の間隔で気軽に豊胸手術をしたい女性の間で人気の方法として定着しつつあります。一方、ヒアルロン酸注入法は大幅なバストサイズアップには向かないことや、半年から一年に一回のペースでメンテナンスが必要になることもあり、契約の前にリスクについてもよく確かめておくことが大切です。また、ヒアルロン酸注入法は、原則として日帰りで手術を受けることができますが、患部の状態によっては稀に入院が必要となることもあるため、執刀医や主治医とよく打ち合わせをしておきましょう。

シリコンバッグ豊胸はボリュームのあるバストを目指せる

シリコンバッグ豊胸は、従来のメスを使用した手術の中でも安全性が高く、数段階のバストアップの効果を期待することが可能です。こうした方法は、メスを使用してわきの下やバストの周りの切開が必要となり、少なからず皮膚にダメージがあるため、ベテランの医師のもとで手術を受けることがおすすめです。また、手術に用いるシリコンバッグの安全性や耐用年数などは、それぞれのクリニックの方針によって大きく異なるため、早いうちから豊胸手術の実績があるクリニックの症例写真を確認しておきましょう。その他、ハリのあるバストをキープするうえで、術後に定期的な通院が必要となる場合もあるため、具体的な通院の日時や費用などをしっかりと把握することが重要です。