豊胸手術にはどんなデメリットがあるの?

豊胸は保険適用外なので治療費が高額

小さいバストで悩んでいる人や、下垂気味で悩んでいる人は、美容外科のクリニックで豊胸の施術を受けたいという人が増えています。シリコンバッグを挿入する方法や、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法がお勧めです。豊胸手術には多少のデメリットもあるため、知っておく必要があります。美容外科の豊胸手術は、基本的には保険適用外なので治療費が高額になりがちです。なるべく費用を抑えたい場合は、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法がお勧めです。現代は医療技術が向上しているため、安全性に優れていますが、手術後に多少のしこりが出来たり、違和感などを感じることもあります。豊胸手術を受ける時は、症例数を多く取り扱っている美容外科を選んで下さい。

豊胸手術はダウンタイムが長いケースもある

シリコンバッグを挿入する豊胸手術は、2カップ程度バストを大きくできるため、幅広い年代に人気があります。シリコンバッグによる豊胸のデメリットは、ダウンタイムが長い点です。多少の腫れや内出血が見られたり、しこりができやすい傾向があります。豊胸手術を受けた後は、定期的に通院をしなければなりません。ヒアルロン酸注入法は、腫れやダウンタイムが短いなどの利点がありますが、体内に吸収されるため定期的な施術が必要です。豊胸手術を受ける前は、メリットだけでなく、デメリットの説明を受けておくことが大事です。信頼できる美容外科のクリニックを選ぶと、診察やカウンセリングに時間を掛けてくれるので、最適な方法を提案してくれます。